盗聴器の発見-探偵になる方法・資格!
盗聴器の発見



 盗聴器は、年々小型化し、構造も電波を利用したものが多くあるので、素人では発見することは困難を極めます。 盗聴器を発見するには、専用の機器が必要であり、一般の人ではなかなかこのようなものは持っていないので、探偵の出番となります。
 盗聴発見器は通信販売やホームセンターなどでも簡単に手に入るのですが、手ごろな価格のものは感度が悪かったり、逆に何にでも反応してしまうことが多いようです。

 盗聴発見器は、トランシーバーのような外観をしている物が多く、電波を検知することによって、盗聴器から発信されている電波を感知し、盗聴器を発見できるのです。
 盗聴発見器で家の隅々まで調べると、発信機が設置されている場所の近くではアラームが鳴るようになっています。

 検知出来る周波数は多く、携帯電話にまで反応してしまうので、盗聴発見器を使用する時は、携帯電話の電源は切っておいたり、コードレス電話などを使用してはいけません。
 盗聴器は電灯のスイッチなどを入れると発信を開始するものがあるので、電灯はもちろん電気製品など全て電源が入った状態で調査を行います。


Copyright(C) 2009
探偵になる方法!
資格講座・調査方法

盗聴器の発見-探偵になる方法・資格!