探偵業法とは-探偵になる方法・資格!
探偵業法とは



 平成19年6月1日より、『探偵業の業務の適正化に関する法律』が施行されました。
 端的に言えば、探偵業を規制するために制定された法令で、業務の運営の適正を図り、個人の権利利益の保護に資することを目的とするものです。
 調査内容の多くは、個人のプライバシーに関与することでありながら、性質上、調査対象者同意を得ることなく無断で行われるものであり、公序良俗に反する行為をする業者の存在が問題視されていました。

 しかし、この法律ができる前は、探偵業を明確に規定したり、制度化する法令がありませんでした。
 法令化の社会的要請が高まったため、都道府県公安委員会に管理・監督させることを主な目的として制定されました。

 これにより、事業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会に届出が必要になりました。 届出をしないまま営業すると、6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金に処されます。


Copyright(C) 2009
探偵になる方法!
資格講座・調査方法

探偵業法とは-探偵になる方法・資格!