コンパクトカメラ-探偵になる方法・資格!
コンパクトカメラ



 カメラは用途に応じて何種類かあった方が便利です。
 まずコンパクトカメラは必要です。 コンパクトカメラはできるだけ小型のものが良いでしょう。
 コンパクトカメラが必要な場面というのは、高画質の写真が欲しい時ではなく、尾行の時などで、ポケットにでも入るサイズで持ち歩くのに荷物にならない方が調査上望ましい、と思われる時です。

 ですので性能はそんなに良いものでなくても良いのですが、フラッシュの選択モードが、一度『切る』に設定したら、ずっと切ったままで使えるものが良いでしょう。
 『切る』に設定されていないと、夕暮れ時など少しでも薄暗くなってくると、フラッシュが光ってしまいます。 これでは調査対象者に気付かれてしまいます。

 スチールカメラでもデジタルカメラでもどちらでも良いのですが、デジタルカメラならば液晶画面を見ながらサッと撮影ができるというメリットがあります。
 またスチールカメラなら薄暗い場所でも高感度フィルムを使えば撮影が可能というメリットがあります。

 予算が許す限り、いろんなタイプのカメラを持つと良いでしょう。


Copyright(C) 2009
探偵になる方法!
資格講座・調査方法

コンパクトカメラ-探偵になる方法・資格!